Welcome

ピンクシャツデーとは何?

1487658937036.jpg

 

 

 

 

 

 

 

ピンクシャツデー運動のはじまり

 

 

ピンクシャツがシンボルとなったのは、カナダの高校生が起こした行動に由来します。舞台は2007年、カナダのノバスコシア州の学校です。一人の男子生徒がピンク色のポロシャツを着て学校へ行くと、彼はホモセクシャルとからかわれいじめられました。その出来事を聞いた上級生、デイヴィッド氏とトラヴィス氏は思いました。「いじめはもうたくさんだ!僕らがアクションを起こそう!」

放課後、二人はディスカウントストアに行き50枚ほどのピンク色のシャツやタンクトップを買いました。

その夜、二人はメールや学校のBBS掲示板を通して、彼らの作戦を友人たちに伝えました。「明日みんなでピンクシャツを着よう」。

翌朝、二人が50枚のピンクシャツを持って学校へ行くと、二人の目に映った光景は、ピンク色の服や小物を持った生徒達が登校してくる姿でした。二人が呼びかけた人数よりはるか多く、生徒達がピンクを身につけてやって来ました。一晩のうちに、二人の意思は多くの学生達によって次々に伝えられていました。その日、まさにピンク色の海が学校じゅうに広がったように見えました。

 

言葉や暴力ではなく、彼らはアクションを起こし意思表示をしてイジメに対抗しました。その後、いじめられていた生徒は再びピンク色のポロシャツを着て登校しました。それ以来、その学校では誰もイジメを聞くことはなくなりました。この行動をきっかけに、カナダでは反いじめ運動ピンクシャツデーとして広がっています。学校・企業・コミュニティにおいて、子供から大人まで、賛同者がピンク色の物を身につけ反いじめのメッセージを送っています。

 

現在、カナダだけでなく、ニュージーランド・クロアチア・メキシコ・パナマ・フィリピン・日本を含め多くの国々に広まり、世界的な反イジメ運動のひとつとなっています。