私たちについて

ABOUT US

kids shaking handsピンクシャツデーアジアの誕生

ピンクシャツデー運動は多くの国々で賛同者があらわれ、今も広まり続けています。ときに、ピンクシャツデー運動のポリシーや創始者の思いとは異なるメッセージが、ピンクシャツデーの名のもとに発信されていることもあります。そこで、わたしたちピンクシャツデーアジアは創始者であるトラヴィス氏をスーパーバイザーに迎え、ピンクシャツデー運動のポリシーに則り、創始者の思いやメッセージを正しく発信していくため発足しました。

アジアの地域においても、いじめ問題は学校・職場・コミュニティ等に存在し、子供も大人も悩まされているのが現状です。いじめは、加害者と被害者だけの問題ではなく、傍観者もまた当事者として、この問題に向き合っていくことが必要と考えております。いじめは社会全体の問題であり、皆で取り組んでいくことが大切です。わたしたちはアジア地域の仲間と共に、ピンクシャツデー普及の地域拡大に努めてまいります。この運動の普及により、いじめが少しでもなくなるようわたしたちは活動を続けてまいります。

 

ミッション

・わたしたちピンクシャツデーアジアは、アジア地域の仲間と共に、ピンクシャツデー運動普及の地域拡大を目指します
・運動の普及を通して、アジア地域におけるいじめ減少・いじめ防止・いじめ問題への意識向上へ繋げてまりいます
・こどもから大人まで、社会に存在するあらゆるいじめ問題への啓発に取り組みます
・By-Stander(傍観者)からUp-Stander(行動する人)へ、アクションを変える契機づくりをしてまいります
・互いの違いを受け入れ、他者を尊重し、思いやりある温かな社会づくりへと繋げてまいります

 

 

ピンクシャツデー運動のはじまり

その他

OTHERS