フライヤーやSNSを通じ、ピンクシャツデーの存在を広める